カードローンで即日5万借りる方法

カードローンで即日5万借りる方法

カードローンで即日5万借りる方法

お金を借りるために必要な準備とは?

TVCMや広告でなじみ深いものとなったカードローン。今日中にお金が必要というときに、即日で借りられることからも人気を集めているサービスです。とはいえ申し込みをするにあたって何が必要か気になりますよね。カードローンの申し込みには「本人確認書類」が必要となります。これは運転免許証や健康保険証、パスポートのことです。万が一、これらの書類の住所と現在住んでいる住所が異なる場合は、「公共料金の領収書」「社会保険料の領収書」「国税/地方税の領収書」「納税証明書」のいずれかを提出することで本人確認書類として対応してくれます。また収入証明書が必要では?と思う方もおられるかもしれませんが、5万円という少額融資の場合は基本的に必要ありません。

安定した収入があると確認できれば、自営業や個人事業主の方でもすぐに借りることができるでしょう。少額融資の大きなメリットとして審査通過率が高いことがあげられます。アルバイトの方がお金を借りるとして、10万円借りるのと5万円借りるのでは、5万円の方が借りられる可能性が高いです。これは収入と借入額のバランスを審査で見ているからであり、必要最低限の金額で申し込むことで融資を認めてくれる可能性が高まります。ちなみに収入証明書が必要となるのは消費者金融系なら50万円以上、銀行系なら100万円以上の融資を希望する場合です。そのため高額の借り入れを検討している場合には、銀行系を選ぶほうがよいかもしれません。

本人確認書類だけで申し込めるというのは、手軽で便利ですし、突然に出費であってもすぐに申し込みできるので魅力的なサービスとなっています。最近ではスマートフォンの普及にあわせて、携帯電話から申し込めるサービスが一般的になりました。必要書類に関してもスマートフォンやパソコンで送付することができ、申し込みフォームもスマートフォンの画面にあわせて調整されています。そのため外出先や移動中、休憩時間等に手続きができるので、今夜までにお金が必要といったときでも安心です。

また全国に自動契約機を設置しているキャッシング会社もあるので、自分にあった申し込み方法を選ぶようにしてくださいね。また即日融資を受けるためには申し込み時間にも注意が必要です。振込融資なら平日の14時まで、契約機でカードを発行するなら20時までを目安に申し込むと良いでしょう。今日中に借りたいときは時間にゆとりを持って申し込みしてくださいね。

 

5万円借りるならどこがいいの?

最近ではカードローン会社もたくさんあり、どこが自分にあっているかわかりにくいものです。無利息サービスや低金利などさまざまな魅力がありますが、5万円という金額を考えると注目するポイントがいくつかあります。まず1つ目が無利息サービスです。これははじめての借り入れに限り一定期間利息なしで借りられるというもので、レイクやプロミス、アコムなどが提供しています。中でもおすすめなのがレイクの無利息サービスです。レイクでははじめての利用者に限り、借り入れ金額のうち5万円までを180日間無利息というサービスを提供しています。そのため実質半年間は利息を払わなくてもよいというわけです。

5万円の借り入れなら月々の利息は750円程度(実質年率18.0%で計算)。それほど気にする金額でもありませんが、半年間になれば約4,500円ということになります。この利息を払わなくてもよいというのはやっぱり魅力的ですよね。2つ目はATM手数料です。月々の利息は前述したように750円。18.0%より14.0%で借りられるほうが魅力的というように感じるかもしれませんが、5万円借りるときに月々の利息差は約167円です。そのため低金利の会社にこだわるメリットがあまりありません。一方でATM手数料は108-216円となっています。つまり月に2回以上利用すればATM手数料の方が利息よりも高くなるというわけです。

お金を借りるにあたって返済総額は安いほうがありがたいもの。どうせ借りるなら手数料のないところが良いですよね。コンビニのATMを無料で使えるのはレイクや三菱東京ufj銀行、三井住友銀行などの銀行系キャッシングです。これらのサービスは自社の銀行ATMはもちろんのこと、コンビニのATMも無料で使えます。そのため土日や深夜など普通なら手数料のかかるタイミングでも無料で使えるため魅力的なサービスとなっています。

レイクは前述したように無利息期間もあるので、5万円借りるならぴったりのキャッシング会社といえるでしょう。このように5万円を借り入れするにはポイントがあります。自分がすでに持っている銀行を選ぶのもよいですが、レイクのようにサービスが充実している会社なら返済総額を大幅に抑えられるのでおすすめです。自分にあった方法やあったキャッシング会社を使って、上手にやりくりして、お金のピンチを乗り越えてくださいね。

 


このページの先頭へ戻る